体験談

ワーケーションや長期旅行に最適な“フリアコ”のメリットと体験談を紹介!

フリアコ仕事風景体験談

コロナをきっかけに急増したリモートワーカー。仕事をやめてしばらく旅をする人におすすめな“フリアコ”。

今回は、固定費を抑えながらワーケーションや長期旅行が出来る“フリアコ”(フリーアコモデーション)について紹介します。

  • フリアコってどんなもの?
  • フリアコするメリット・デメリットは?
  • リゾートバイトとの違いは?

などのフリアコに関する疑問を解説していきます。

私はWebライターをしながら、青森県の小さな旅館でフリアコをしています。初めてのフリアコですが、充実した生活を送っています。そんな私の経験談と写真を元にフリアコの魅力に触れてみてください。

フリアコ(フリーアコモデーション)とは?

フリアコとは、ゲストハウスや旅館の仕事をお手伝いする代わりに、無料で宿泊させてもらうことです。

宿泊中の水道光熱費や、Wi-Fi代もかからない場合が多いです。また私がフリアコしている宿では、3食分の食事付き、宿の温泉利用の他シャンプーやリンスまで使わせてもらっています。

灯と楓まかない

宿によって差はありますが、生活費がほどんどかかりません。

滞在期間は、2週間〜3ヵ月が一般的です。

灯と楓温泉

フリアコの生活

一般的なゲストハウスでのフリアコは、2人や3人で相部屋になることが多いです。宿によっては個室を用意してくれる場合もあります。

灯と楓部屋

お風呂や洗濯機、キッチンも貸してくれる宿がほとんどで、生活に困ることは少ないです。

灯と楓ロビー

フリアコの仕事内容

フリアコの仕事内容は、宿によってさまざまです。

私がフリアコしている温泉旅館の仕事内容を紹介します。

少人数で運営している旅館のため、その日によって仕事内容が違うこともあり幅広くお手伝いさせてもらっています。

  • お客様への夕食配膳
  • 翌朝の朝食準備
  • 仕入れのお手伝い
  • 旅館改装のお手伝い

一般的なゲストハウスや旅館の仕事内容は、チェックイン・アウト対応や掃除などがほとんどです。募集内容でよく見かけるものをいくつか紹介します。

  • ベッドメイキングや共有設備の掃除
  • 日中スタッフ:宿泊チェックイン・アウト対応
  • 夜間スタッフ:宿泊チェックイン・アウト対応

などが一般的なフリアコの仕事内容です。

他にはお客さんとの交流や併設カフェの運営など、様々な仕事内容があるので募集内容をよく読んで応募しましょう!

フリアコの1日のスケジュール

フリアコでの仕事

フリアコの1日のスケジュールも宿によってさまざまです。1日の仕事時間が午前中のみと決まっている宿もあれば、仕事内容によってスケジュールが変わる宿もあります。

また休日も宿によって変わるのでしっかり確認しましょう!

私の現在の1日のスケジュールを紹介します。

今の温泉旅館の勤務は、1日5時間、週4日です。

【旅館営業日】

朝〜17時:自由時間

私はWebライターのお仕事や旅館周辺を散策したりしています。

17時〜21時:お客様へ夕食配膳

21時〜22時:翌朝の朝食準備

22時〜:自由時間

夕食は自分でまかないを作るかオーナーが作ってくれるかのどちらかでした。

【旅館休館日】

朝〜13時:自由時間

13時〜18時:旅館改装のお手伝い

ペンキ塗りや冬仕様への変更をお手伝いしました。

19時〜:自由時間

夕食に近所のレストランに連れて行ってくれることもあります。

旅館の営業日・休館日で1日のスケジュールが変わり、色々な仕事をさせてもらっています。単調な仕事にすぐ飽きてしまう私にとっては、良い環境です。

私は月に80時間働いて、家賃+食費+Wi-Fi費用+その他日用品を無料で使わせてもらっています。割りに合っているかどうかは、応募時にしっかり見極めが必要です。

フリアコで働くメリット

フリアコ食事

フリアコを利用するメリットを紹介します。

  • 固定費(家賃・光熱費・食費)がかからない
  • 空き時間で他の仕事も可能(リモートワーク、現地でアルバイトなど)
  • 休日に旅行が出来る
  • 人との出会いが増える

固定費を抑えながら、好きな場所に住めるのは大きなメリットです。空き時間でリモートワークや現地でのアルバイトも出来るので収入も確保できます。

基本2週間以上滞在としている宿が多いため、休日には観光地を巡ったり、フリアコ仲間、宿の人との交流もフリアコの大きな魅力です。

他に仕事をしている人や、旅行や人との交流が好きな人にはメリットが大きいです。

フリアコ休日

フリアコで働くデメリット

フリアコを利用するデメリットを紹介します。

  • 給料が発生しない
  • メンバーの入れ替えが激しい
  • プライベートが確保しづらい

フリアコは基本給料が発生しません。その分1日の仕事時間や休日も多いので空き時間に仕事や旅行などアクティブに行動できる人の方がフリアコに向いています。

また、フリアコは2週間〜数ヶ月の滞在が一般的なため、メンバーの入れ替わりも多いです。他人と同居するため、プライベートの時間を確保できないことが大きなデメリットです。

給料0円のフリアコを選んで働いている理由

フリアコの休日

私がフリアコを選んだ理由は、“好きな時間に、好きな場所で働く”ことが出来るからです。

ライターとしての仕事も頑張りたい、行きたい場所へ行ってみたい、両方の希望をフリアコを通して叶えることができました。

また宿での仕事はお客様とお話する機会が多く、黙々と取り組むライターの仕事の息抜きにもなっています。

休日には宿のオーナー家族と観光名所を回り、仕事も私生活も充実しています。

フルタイム週5日勤務のリゾートバイトとは違い、空き時間も多いため、本業を頑張ると旅行するの両方を楽しんでいます。

フリアコの仕事の探し方・選び方

フリアコの仕事の探し方と選び方を紹介します。

フリアコの探し方

フリアコ募集サイト「ヤドグラシ」で探す

https://yadogurashi.brali.net

フリアコ募集サイトで、一番有名なサイトです。都会や田舎のゲストハウス・旅館の募集がたくさん掲載されています。

気になる所には、メールや電話で宿へ直接コンタクトを取ります。

・SNS(Twitter、Instagram)ハッシュタグ「#フリアコ募集」で探す

 ゲストハウス、旅館の公式SNS(TwitterやInstagramなど)でフリアコ募集をしている宿もあります。公式SNSで宿のイメージを雰囲気を事前に知れるのは大きなポイントです。

・Google検索で探す

 Google検索で「フリアコ募集」「ゲストハウスヘルパー募集」と検索をすると、宿の求人サイトがヒットします。内容を確認した上で、宿に自分でコンタクトを取ります。

フリアコの選び方

公共交通機関、近くに買い物出来る場所はあるか?

田舎の宿であれば、移動手段も検討しなければなりません。

観光へ行く際、買い物が必要な際、交通機関があるか、近くにスーパーやドラッグストアがあるかは事前に確認しておきましょう。宿によっては車を貸してくれることもあります。

拘束時間、仕事内容が割りに合っているか?

フリアコは給料が発生しないため、拘束時間や仕事内容が割りに合っているか事前に検討しましょう!

1人暮らしの場合、家賃+食費で7〜8万位が一般的です。時給1,000円と想定し、拘束時間が80時間を超えると割りに合いません。

せっかくのフリアコ生活が楽しくなくなってしまうので、重要なポイントです。

まとめ|フリアコはこんな人におすすめ

以上、私が経験したフリアコについて紹介しました。

フリアコを初めて1ヶ月弱ですが、ライターの仕事をしながら旅行が出来、出会いも増えて充実した毎日を送っています。

何より生活費を抑えられるため、焦ってお金のために働くことが無くなりました。

  • 人との交流が好き
  • 固定費を抑えて旅行したい
  • リモートワークしながら、好きな場所で暮らしたい
  • ゲストハウスや旅館経営に興味がある

こんな人にはフリアコがおすすめです。ぜひ活用してみてください!